来院予約フォーム

当院の治療は保険適用外の自由診療になります。

下顎-面長/受け口- [下顎枝矢状分割法 (SSRO)]

下顎枝矢状分割法は、下顎前突症、下顎後退症、開咬症、下顎左右非対称などさまざまな顎変形症に適応できることから顎矯正手術の中ではもっとも代表的な術式です。

上顎-出っ歯/ガミースマイル- [上顎短縮骨切り(LeFortⅠ型)]

笑った時に歯茎が見えてしまう状態を改善します。歯茎の露出が軽度の場合は、歯茎の上方の目立たない部分の粘膜のみ切除して見えにくくします。上顎骨(歯茎の部分の骨)が突出し、前突のみではなく縦方向にも長い場合は、Le Fort Ⅰ型骨切りを行います。上顎骨を水平に骨切りし、上の歯全体を上方に引き上げる手術です。

エラ [エラ骨切り]

どこから見ても卵型の小さな輪郭にするために、リッツ美容外科では角部だけにとどまらず、下顎体部からアゴに近い部分まで広範囲に骨切りします。正面顔は外板切除術で小さく、横顔は内視鏡下曲線的下顎角骨切り術で滑らかな曲線を形成し、卵型の小さい輪郭を実現します。口の中から内視鏡を用いて行ないますので、外側に傷が残りません。

頬骨 [頬骨骨切り]

頬骨弓部自体の厚さは5~6ミリなので、削れたとしても3~4ミリが限界です。これではほとんど見た目が変わりません。頬骨が横に突出していて顔が大きく見える場合には、約2センチ横幅の小さい骨格を実現するよう、最大横径部である頬骨弓を2~3ヶ所骨切りして内方転位させるアーチ・インフラクチャー法を行ないます。一方斜め横顔は口腔内から頬骨体部(ボディ)の削骨を行なうことで、”頬骨“自体の存在を感じさせないほどの仕上がりを実現します。

オトガイ(あご) [顎 短縮(水平骨切りなど)]

顎(あご)に対する希望で特に多い長い顎、大きい顎には2段水平骨切り術が適応されます。オトガイ神経の位置などの個人差にもよりますが、最大約10~12ミリ短く、また、下顎骨の厚みによる個人差はありますが、最大約8~10ミリの後退を目的とする手術です。骨切り後の段差を滑らかな曲面に仕上げるには技術を要します。

上顎(咬合)-出っ歯- [出っ歯(上顎分節骨切り)]

出っ歯の治療は、上顎分節骨切り術で行います。上の左右第1小臼歯を抜歯し根元の骨も取り除きます。その空いたスペースを利用して前歯6本を後退させチタンプレートで固定し、下顎の歯に噛み合わせます。通常の歯列矯正では2~3年要しますが、短時間の手術で改善できます。上顎のみを考えるのではなく、額~鼻~口元~顎先までのバランスをみて、術前にセファロの分析、咬合模型を基に診断、デサインを行ない詳細な治療方針を立てます。

下顎(咬合)-受け口- [受け口(下顎分節骨切り)]

咬んだ際に、上の前歯より下の前歯が突出している状態を反対咬合といいます。代表的な治療法が下顎分節骨切り術です。左右の第1小臼歯を抜歯し、根元の骨も取り除きます。その空いたスペースを利用して前歯6本を後退させチタンプレートで固定します。通常の歯列矯正では2~3年要しますが、短時間の手術で改善できます。下顎が前突している方は、顎が長い方が多いのですが、その場合は同時にバランスよく短くすることも可能です。

[額 増大(メタクリル酸メチル・オーダーメイドシリコン)]

扁平な額をまろやかで立体感のある額にします。当院では独自の方法、前頭部メタクリル酸メチル法(日本美容外科学会発表済)により全く段差のない理想的な額にすることができます。また、ごくわずかの突出をご希望の方には手術も短時間で終わり、腫れも少ないハイドロキシアパタイトもお勧めしております。

こめかみ [増大(シリコン)]

加齢に伴いこめかみと頬がこけてくると老けた印象を与えます。こめかみをふくらませる最も効果的な方法は、シリコン・プレートを挿入する方法です。窪みを計測してデザインしたシリコン・プレートを、挿入します。骨膜の下に挿入しますので、プレートが動いたり段差ができたりする心配はありません。骨膜下に挿入しますので手で触れてもプロテーゼの存在が分りません。昔の若々しさを自然に取り戻せる非常に効果的な手術です。

ページの先頭へ戻る

初めての方はこちらからどうぞ 0120-628-662 携帯・PHSからも通話無料 年中無休/受付時間 9:30~20:00

来院予約フォーム
ページの先頭へ戻る